コルナゴ、アルミフレーム修理

コルナゴ、アルミフレーム修理 | GoGo Wheelers / ゴーゴーホイーラーズ

ファイル 237-1.jpgこのフレームもまたネックチューブにクラック。。。

考えられる原因はヘッドパーツとの組み合わせの悪さ、、、

というより、ちゃんと組まれていないと言った方が良いかも。。。

適正なサイズのリーマーでサイズ出しをしっかりしてから組めば(もしくは組み直せば)

このような事にはならなかったはず。。。

でも、なってしまったモノは仕方ない。。。 しっかり修理しましょう!

ファイル 237-2.jpg

まずは溶接個所を削ります。 合計で5カ所もクラックが、、、

ファイル 237-3.jpg ファイル 237-4.jpg

そして溶接、リーマー。

ある理由から上下片側ずつ溶接、リーマがけの作業をします。

上半分溶接してからリーマー、そして下半分溶接してリーマー、、、みたいな。。。

ファイル 237-5.jpg

完成。 強度確保のため、溶接ビードは削りません。

キレイな溶接ビードはかっこいいですよ。

これに乗る人の生き方もうかがえます。

そういえば、ちょっと前にある自転車ブランドの展示会で

大型販売店の売り場マネージャーの方とお話をする機会がありました。

「溶接、加工等なんでも出来るのでよろしくお願いします」とお話をさせていただいたら、

「5万円くらいの自転車を溶接修理なんてしないで、新しいヤツ買ってもらおうよ〜、あはははは〜」

と、返されました。金額の問題じゃなかったりしますね、、、愛着のあるモノは特に。

せっかくエコな乗り物だから、壊れたら乗換えるなんてやってたら悲しいわけで。

もちろん、個人の考えは色々あって当たり前。

僕はこう考える。。。直せるモノは直しましょう!!

その為に日々精進。技術を磨いて参ります。

ま、なんだかんだ書きましたが

新しいモノも好きですけどね。

あはははは~