カーボンフォーク、ブレーキ穴加工

ファイル 98-1.jpg

テレビでもちょくちょくやるようになったノーブレーキ自転車の危険!!みたいなヤツ。。。

あまり自転車を危険な乗り物扱いにはしてほしくないけど、

たしかに町中をノーブレーキで走るのはちょっと危ない。。

中古で購入して持ち込まれたノーブレーキ自転車、、、

フロントフォークにはブレーキ穴も開いてない。。。

なんとかしましょう!!

ファイル 98-2.jpg

穴を開けますが、貫通ではなく片側だけ。

フォークをよくチェックするとコラムとフォークを固定しているっぽいピンみたいなのがある。。。

これで貫通してしまうと、コラムとフォークを固定している圧入ピンみたいなヤツがダメになる可能性も。

なのでコラムパイプの中で固定ナットを取り付ける事に。

ファイル 98-3.jpg

パイプの内径の形状に合わせて取り付けナットを加工。

ファイル 98-4.jpg

取り付けできました!!

ファイル 98-5.jpg

ストリートで走る乗り物です。 ブレーキは付けましょう!!

トラックバイクへのブレーキ取り付け、他店購入持ち込みOKです!

(フォークの形状によって加工できない場合もございます)

by.クロス

 

JISフォークをイタリアンに

ファイル 97-1.jpg

ビアンキのピスタにクリスキングのヘッドセットを組みます。

ここで問題になってくるのが、コラムの規格。。

クリスキングはイタリアン、ビアンキピスタのフォークはJIS。。。

そのサイズ差は0.6ミリ。。

微妙なサイズ差ですが、この0.6ミリがデカイ!

ちなみにフレームのネックチューブ側は0.2ミリ違う。。 ここはサラッと削れば圧入できますね。

ネックチューブ側はリーマーが工具メーカーから出てます。

コラム側は旋盤加工がサクラ流。。。ww

ファイル 97-2.jpg

27.2ミリ径あったコラム外径を26.5ミリまで旋盤にて削ります。

ある理由から必ず低回転で加工をしていきます。 高回転で加工した場合、、、かなり危険。。。

イタリアンの玉押しの内径は26.4ミリ。 0.1ミリは圧入シロ、ピッタリサイズではダメなんです。

ファイル 97-3.jpg

削れました。

じゃぁ、逆は?

イタリアン(26.4㍉)をJIS(27㍉)規格にできるのか?

削るのではなく盛るのです。

ロウ盛りして削る。

ファイル 97-4.jpg

圧入!

バッチリです。

うーん?と思ったら、とりあえずどんなことでもご相談下さい!

by.クロス

ブレーキ取付プレート加工~Ⅰ

ブレーキ取付穴がない自転車には 大体はこのブレーキをつけます。

ファイル 82-1.jpg

ダイヤコンペのトラックブレーキセット。

実際につけると。。

ファイル 82-2.jpg

↑ こんな感じです。

プレートでフレームを挟み込んでブレーキを取付ける…

この見た目があまり好きじゃない人も多いはず。

しかしながら 穴開け加工は強度的に不安があるし、

時間とお金に余裕があるなら 専用の台座が出てたり、

台座を溶接したりもできますが、加工の期間、

自転車乗れなきゃ困っちゃうし、

コストは抑えたいし、けどスッキリさせたいし…

そんなご要望にお応えして

ファイル 82-3.jpg

余分なプレートをカットしました!

ファイル 82-4.jpg

近くで見るとそんなにわからないかも知れませんが

ファイル 82-5.jpg

たったこれだけのことですが 離れて見ると、だいぶスッキリしてます!

お客様もニコニコでした!お悩みの方、お気軽にご相談ください。

マウンテンピスト完成!

ちょっと前にアップしたトラックエンド加工、、、、
そのスペシャライズドのマウンテンバイク、
PHOENIXストラップを装着してマウンテンピストとなって完成!!

ファイル 72-1.jpg

フレームは塗装剥離のあとポリッシュ。 ピンスト入れる予定〜

ファイル 72-2.jpg

リアはH+SONの26インチディープリムにシュワルベのKOJAK。

フロントはSPINの3本キャスト、、、カッコ良すぎ!!

ファイル 72-3.jpg

こちらが加工したトラックエンド!! これまたカッコ良すぎ〜!!

 

ファイル 72-4.jpg

BMXバーでスキッドが楽々〜 乗って楽しいマシンができました!!

こちらサクラジテンシャデモバイクなので

ご 興味ある方は乗りにきてくださいね~