イタリアンヴィンテージピスト Mino DENTI 組み立て

イタリアンヴィンテージピスト Mino DENTI 組み立て | gogowheelers  ゴーゴーホイーラーズ

ITALIAN VINTAGE BICYCLE
Mino DENTI pista
パーツ収集からホイール組み
パーツ組付け車両組み立てまで

店主自身も所有するMino DENTI
Mino Dentiはイタリアのロードサイクリスト
アマチュアとして1965年の世界選手権でチームタイムトライアルイベントで優勝
1966年にプロでは、1966年にトゥールドアヴニールと1969年にジロデルヴェネトで優勝
国内でほとんど見かけない車両ですが僕はお気に入りですw

当店のお客様でもDENTI率は多めw

今回は当店で購入頂いたDENTIフレームのパーツ集めから
ホイール組み、組付け調整仕上げをご紹介

年代によりますがDENTIはテントウムシでもおなじみ
このマークが気に入ってDENTIに決める方も居るくらいw

今回は当店在庫とあわせて足りないものは集めて組み立て
ヘッドセットは鉄カンパ

ハブはスターハブでお馴染み、Cレコ時代のシェリフスターハブTRACK、NJS仕様
競輪使用にすることでコグのスレッドはBSCになるので選択肢が増える利点もあります

リムはcampagnolo LAMBDAのチューブラー

駆動系も全てcampagnolo
クランク、チェーンリング、ペダル、すべてアルマイトを剥離後ポリッシュ仕上げ
アルミクリップは弱いので鉄で
チェーンはIZUMIで十分かとw NJS系は錆が早いので

ステム&ハンドルはやはり相性のいいcinelli
どちらも鉄で重量は出ますが雰囲気も大事

ポストはオーナー様のご希望でエアロ

サドルは当店で張り替えたサドルを装着予定♪
試乗してみて、やはり乗り心地はしなやかw

コメントを残す